2011年03月28日

株主になるメリットとデメリット

株主になれば会社の一部が自分のものとなります。自分の会社なのですから、その会社が利益を出したのなら、その利益も自分もののとなるでしょう。これが配当金と呼ばれるものです。1,000株を発行している株式会社があって、100万円の利益が出たために、そのうちの50万円を株主に分配しようと考えた場合には、1株当たり500円の配当金をもらえることになります。保有している株式数に応じて分配されますから、例えば100株保有しているのであれば5万円の配当金をもらえることになります。株主のメリットとしては、まずこれが最も大きなものでしょう。

配当金と並んで人気のあるのが株主優待です。株主優待には様々なものがあります。例えばある食品メーカーの株主になると、そのメーカーの商品の詰め合わせを年1回もらえる事があります。銀行などでは金利を優遇してくれることもあります。株主優待は、海外ではあまり行なわれていないようですし、行なわれていたとしても大きく注目されることはありません。株主優待を狙って投資するのは日本独特の文化だと言えるでしょう。

キャピタルゲインも大きなメリットの一つでしょう。キャピタルゲインとは株式を転売したときに得られる利益です。ある会社の株式を1万円で購入し、その企業が成長して資産を増やせば会社の価値が上がるわけですから株価も上がるでしょう。例えば1万2千円で譲って欲しいという人が現れるかもしれません。そうなれば2千円の利益が得られるわけです。これをキャピタルゲインと呼びます。

このように、株主になることにはいくつかのメリットがあるわけですが、メリットがあればもちろんデメリットもあります。株主になるデメリットとして最も大きいものは、キャピタルロスでしょう。1万円で購入した株式の価値が下落し、8000円でしか売れなくなってしまうことも考えれます。このときに売却すれば 2千円のマイナスとなってしまいます。このように転売することによる損失をキャピタルロスと呼びます。もしその会社が倒産してしまえば、最初に払った1万円はゼロになってしまいます。このようなリスクと引き換えに色々なメリットを得られるのです。
posted by うさ at 14:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。